ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

【フィット・ティップ#44】「HIITの背景について」

High Intensity Interval Training(以下HIIT)は
ここ数年でフィットネス業界で注目を集めています。しかしその歴史は我々が
思っているよりも昔から存在しています。

インターバルトレーニングは1920年代まで遡ります。

1920-1928年の間に9つの金メダルを取ったPaavo Nurmiというランナーは当時、
普通には見られないトレーニング方法で練習を行っていました。

その一つが高強度で運動を行いレストを挟むトレーニングでした。

コーチのWoldermar Gerschlerと生理学者のHerbert Reindellは1930年代に
インターバルトレーニングを開発しました。

この研究では21日間のトレーニングで3000名の被験者で行われました。
高強度のトレーニングで様々な距離で実験し、彼らは「インターバル(短い休憩)」が
生理学的な適応の刺激になるという理由で非常に有効な要素ということを発見しました。

Franz Stampflというコーチはインターバルトレーニングを1950年代に広めました。
セバスチャン・コーはトレーニングコーチの父から受けたトレーニングプログラムに1980年と
1984年の1500mで金メダルを獲得しました。

「4分間のワークアウト」

1996年に田畑泉博士によって4分間の効果的なトレーニングが広められました。
短時間の高強度と低強度のトレーニングのサイクルのそのトレーニングは
そのトレーニング効果の高さからフィットネス業界を動かしています。

HIITはオリンピック選手に成功をもたらし、トップアスリートだけでなく
エクササイズ愛好者にも使えるアプローチがいくつかあります。

1バーゴマスター・プロトコール
・ウォームアップ
・インターバルトレーニング:30秒最強度トレーニング後4分間の
アクティブ・リカバリー(1:8の割合)

・4-7分間継続
・クールダウン

2リトル・プロトコール
・ウォームアップ
・インターバルトレーニング:60秒の最強度トレーニング後の

75秒リカバリー(1:1.25の割アリ) ・8-12分間継続
・クールダウン

Pagetop