ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

フィット・ティップ
#45:「ウェアラブル・デバイスについて」
#44:「HIITの背景について」
#43:「熱中症を予防しましょう」
#42:「年明けに立てた目標は」
#41:「睡眠とパフォーマンスの関係」
#40:「毎日の選択」
#39:「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」
#38:「できることから変えてみる」
#37:「運動へのモチベーション」
#36:「色のついたものに変える」
#35:「目標達成するためのモチベーション」
#34:「真夜中のワークアウトの利点」
#33:「子どもにスポーツを教えよう!」
#32:「掃除をしながら運動しよう!」
#31:「トレーニングプログラムの重要性」
#30:「自転車通勤をしよう!」
#29:「シンスプリント」
#28:「ランチタイムの過ごし方」
#27:「大腿の重要性」
#26:「エクササイズで脳を鍛えよう!」
#25:「言い訳をしない」
#24:「柔軟性の重要性」
#23:「オーガニック食品を選ぶ」
#21:「部分的な筋肉とファンクショナルフィットネス」
#20:「Calories in vs. Calories out」
#19:「メディシンボールエクササイズ!」
#18:「屋外でトレーニングしよう!」
#17:「プロのようにプランクをしよう!」
#16:「Try Ruck March」
#15:「オリンピアンのように」
#14:「おすすめ、2つのエクササイズ」
#13:「遊びではない、テレビゲームの秘密」
#12:「シャベルを使って、雪かきをしよう!」
#11:「目標を逆算して考えよう!」
#10:「フィットネスジムの選び方」
#09:「インターバルトレーニングでホリデーカロリーを消費しよう!」
#08:「計画、ポジティブ・シンキング、継続!」
#07:「モーニング・ワークアウトしよう!」
#06:「仕事でも自分の身体をコントロールしよう!」
#05:「あなた自身の理想にコミットメントしよう!」
#04:「パーソナル・ベストを作る!」
#03:「快適なランニングのための3ステップ」
#02:「シッティング症候群」
#01:「バケーション・マインドセット」
トレーナーズ・ティップ
#01:『新たな有酸素性トレーニングの考え方』

【フィット・ティップ#37】「運動へのモチベーション」

アスリートの場合競技生をしている時にはトレーニング、
食事、精神面まで鍛錬を重ねているため、競技生活を引退した時に健康的な
ライフスタイルを確立するために生活の質を向上させることが重要になっています。

多くの場合は時間がないとの理由で運動への優先順位が低くなってしまいます。
これと同時に食事や間食の頻度と量も増加しがちになってしまします。
また個人では、何か適切な運動で、どのくらい行った方が良いのか?
ということは判断しにくいと思います。

パーソナルトレーナーやストレングスコンディショニングのコーチは
あなたにとって適切なエクササイズを推奨してくれます。

また運動の習慣から離れていると、モチベーションもまた低下しやすくなります。

フィットネス用具やフィットネス・ウェアなどによって運動へのモチベーションを
向上させることも重要かもしれません。
日々のエクササイズが何の意味を持たないものだと長続きもしにくいものです。

まずは、1 なぜ運動を継続するのか?目的をはっきり持ちましょう。
そして、どうやって目的を達成するのか?と手段が必要です。
最後に何をしたらよいのか。それぞれ確認しましょう。

単純に楽しむために、フィットネス仲間を募ってもよいかもしれません。

Pagetop