ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

フィット・ティップ
#45:「ウェアラブル・デバイスについて」
#44:「HIITの背景について」
#43:「熱中症を予防しましょう」
#42:「年明けに立てた目標は」
#41:「睡眠とパフォーマンスの関係」
#40:「毎日の選択」
#39:「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」
#38:「できることから変えてみる」
#37:「運動へのモチベーション」
#36:「色のついたものに変える」
#35:「目標達成するためのモチベーション」
#34:「真夜中のワークアウトの利点」
#33:「子どもにスポーツを教えよう!」
#32:「掃除をしながら運動しよう!」
#31:「トレーニングプログラムの重要性」
#30:「自転車通勤をしよう!」
#29:「シンスプリント」
#28:「ランチタイムの過ごし方」
#27:「大腿の重要性」
#26:「エクササイズで脳を鍛えよう!」
#25:「言い訳をしない」
#24:「柔軟性の重要性」
#23:「オーガニック食品を選ぶ」
#21:「部分的な筋肉とファンクショナルフィットネス」
#20:「Calories in vs. Calories out」
#19:「メディシンボールエクササイズ!」
#18:「屋外でトレーニングしよう!」
#17:「プロのようにプランクをしよう!」
#16:「Try Ruck March」
#15:「オリンピアンのように」
#14:「おすすめ、2つのエクササイズ」
#13:「遊びではない、テレビゲームの秘密」
#12:「シャベルを使って、雪かきをしよう!」
#11:「目標を逆算して考えよう!」
#10:「フィットネスジムの選び方」
#09:「インターバルトレーニングでホリデーカロリーを消費しよう!」
#08:「計画、ポジティブ・シンキング、継続!」
#07:「モーニング・ワークアウトしよう!」
#06:「仕事でも自分の身体をコントロールしよう!」
#05:「あなた自身の理想にコミットメントしよう!」
#04:「パーソナル・ベストを作る!」
#03:「快適なランニングのための3ステップ」
#02:「シッティング症候群」
#01:「バケーション・マインドセット」
トレーナーズ・ティップ
#01:『新たな有酸素性トレーニングの考え方』

【フィット・ティップ#35】「目標達成するためのモチベーション」

日本では年末年始を迎えるこの時期になるとどうしても
暴飲暴食が進み、年明けに身体が重くなったと実感する方が多くなる季節です。

そして減量を始めたけれども、なかなかモチベーションがあがらず・・・
困っている方も多いかもしれません。

目標達成するためのモチベーション維持のためにできることは何があるでしょうか?
参考にしてみてはどうでしょうか。

1.なぜ減量したい?

減量したい人はいますが、そもそも何故減量する必要があるのか目的を見失う人が多くいます。
「体調管理しないと命に関わる」と宣告された人は目的がはっきりしていますが、多くの場合
は「自分が思ったから」。目的はトレーナーから決められることではありませんので
何故自分が減量したいのか、減少した結果どう自分は変化しますか??
何のためにがんばりますか?

2.どうなりたいか決める・自分自信でコミットする(ゴールの設定)
「こんなふうになったらいいな」「こうなりたいな」という願望を持っている人と「こうなる!」と
決める人は全く違いますよね。

まずは旅行でもそうですが、まずは目的地を決めてからプランが始まります
(例:京都旅行に行く!ハワイに行く!など)
目的地を決めてから初めて、雑誌を買ったり、インターネットで調べたりはじめます。

3.いつまでに??
「○○までに△△キロ減量する」などと期限を決めましょう。
目的達成は3か月ですか?3年ですか?10年ですか?同じゴールでも期限を決めないと
全く意味のないゴールになってしまいます。
京都旅行に紅葉を鑑賞の目的で行きたいのに、到着したのが1月だったらどうでしょうか?

4.どうやって??
走るのか、歩くのか、ウェイトトレーニングなのか、食事管理なのか手段は
目的に対して安全で最短なものを選ぶのが普通です。トレーナーと相談する。もしくは、
自分が好きで継続できる種目が最も適しているかもしれません。

5.自分自身に報酬を与える
短期的ゴールの達成には自分に報酬を与えるのは効果的です。
例:新しい洋服を買う、スポーツウォッチやウェアを購入してモチベーションを上げる
といったものは効果的です。

物を自分自身に与え続けると、しばらくすると飽きます。ですから、長期的には
モチベーションを向上させるには、「自分自身が結果を残すこと」「向上すること」。

後悔する前に、自分で年末年始の目的を立てて暴飲暴食しないように
制限をかけて予防するのが最も良い方法かもしれませんので意識を上げて積極的に
フィットネスをしてみてはいかがでしょうか。

Pagetop