ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

フィット・ティップ
#45:「ウェアラブル・デバイスについて」
#44:「HIITの背景について」
#43:「熱中症を予防しましょう」
#42:「年明けに立てた目標は」
#41:「睡眠とパフォーマンスの関係」
#40:「毎日の選択」
#39:「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」
#38:「できることから変えてみる」
#37:「運動へのモチベーション」
#36:「色のついたものに変える」
#35:「目標達成するためのモチベーション」
#34:「真夜中のワークアウトの利点」
#33:「子どもにスポーツを教えよう!」
#32:「掃除をしながら運動しよう!」
#31:「トレーニングプログラムの重要性」
#30:「自転車通勤をしよう!」
#29:「シンスプリント」
#28:「ランチタイムの過ごし方」
#27:「大腿の重要性」
#26:「エクササイズで脳を鍛えよう!」
#25:「言い訳をしない」
#24:「柔軟性の重要性」
#23:「オーガニック食品を選ぶ」
#21:「部分的な筋肉とファンクショナルフィットネス」
#20:「Calories in vs. Calories out」
#19:「メディシンボールエクササイズ!」
#18:「屋外でトレーニングしよう!」
#17:「プロのようにプランクをしよう!」
#16:「Try Ruck March」
#15:「オリンピアンのように」
#14:「おすすめ、2つのエクササイズ」
#13:「遊びではない、テレビゲームの秘密」
#12:「シャベルを使って、雪かきをしよう!」
#11:「目標を逆算して考えよう!」
#10:「フィットネスジムの選び方」
#09:「インターバルトレーニングでホリデーカロリーを消費しよう!」
#08:「計画、ポジティブ・シンキング、継続!」
#07:「モーニング・ワークアウトしよう!」
#06:「仕事でも自分の身体をコントロールしよう!」
#05:「あなた自身の理想にコミットメントしよう!」
#04:「パーソナル・ベストを作る!」
#03:「快適なランニングのための3ステップ」
#02:「シッティング症候群」
#01:「バケーション・マインドセット」
トレーナーズ・ティップ
#01:『新たな有酸素性トレーニングの考え方』

【フィット・ティップ#34】「真夜中のワークアウトの利点」

ベストなワークアウトの時間は朝であるということ聞いたことがあると思います。

一般の方のように早朝7時前に起きることが難しい人だったり、
スケジュールの関係で夜に運動をする人もいます。

日が沈んでから運動をするのがなぜ良いのか考えてみましょう。

1 人が少なく、急ぐ必要がない
仕事の前に運動をする人で、午前中にはジムは非常に混雑します。
8PMを過ぎると、あなたはその場所で一人になることも少なくありません。

トレッドミルに並ぶ必要もなく、ダンベルやシャワーでも待つ必要がありません。

ワークアウトでストレスを感じなくなると、ワークアウトに集中することができます。

2 健康的な選択ができるようになる
運動をした後に友人とディナーへ出かけたりすることはよくありますが、これがダイエットの弊害になります。

しかし、数時間後にズンバのクラスがあると思うと、過剰に飲んだり、食べたりすることを当然控えるでしょう。

あなたの中にワークアウト後の健康的な習慣があると、ソファの上でくつろいだり、アイスを食べたりする時間は少なくなるでしょう。

3 ピークパフォーマンス
朝8時にカロリーを消費しても、夜8時に消費しても同じです。
しかしパフォーマンスは自分のエネルギーやその日のムードなどによって変化します。

もしあなたが朝方の人間でなければ、朝よりも夕方の方がエネルギーに満ち溢れているでしょう。
もし夜にエネルギー全開になるのであれば、ワークアウトのパフォーマンスはその時間に効果を発揮します。

4 ストレスを解消する
もし8時間働いた時には、子どもたち走り回ったりするのも、
買い物、ワークアウトも、ストレスにしか感じません。

運動すると疲れ果ててしまい、1日が終わってしまします。

そうゆう時にはヨガを受けてリラックスしたりすることでストレスを軽減しましょう。

Pagetop