ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

【フィット・ティップ#33】「子どもにスポーツを教えよう」

Wiiテニスは物凄く人気がありますが、実際のテニスとは異なります。
テニスラケットを持って、家族でテニスコートへ出かけましょう。

子どもにスポーツを教えるのは、家族の時間を過ごすには素晴らしい方法であり、そして幼少期にアクティブなライフスタイルを送れるようになります。

スポーツに参加する子どもの筋肉、骨は強くなり、肥満の減少に繋がり、
身体のコーディネーションも向上、睡眠もまた深く効率的になります。

1 テレビの時間を短くしよう
アメリカ幼児アカデミー(American Academy of Pediatrics)は子どものテレビの視聴時間は一日2時間を超えないように推奨しています。
TV、iPadやテレビゲームを制限することで、スポーツを促す第一歩です。
外の空気を吸って、ソファーから立ち上がりましょう!

2 参加しよう!
積極的に子どもにサッカーなどのスポーツを教えるてみましょう。
自分の得意なスポーツを教えて、そのスポーツの動きを教えてみましょう。
15分のキャッチボールやサッカーボールを蹴りあったり、夕食の後の家族の時間のルーティンにしてみてはどうでしょうか?
子どもはその運動を楽しめば子どもたちは何度も繰り返し、遊ぶでしょう。

3 道路を使おう!
縄跳び、フラフープやバスケットボールを楽しみましょう。
チョークでラダーを書き、早足でラダーをしたり、片足をジャンプをしてみましょう。

子どもに、あのプロ選手も同じドリルをやっていることを子どもに教えてあげましょう。チョークで描いて、様々なゲームを考えましょう。
ワークアウトの代わりにアクティブな家族の時間を持ちましょう。

4 レースに出よう。
1マイルや5000メートルのレースは年間たくさんあります。
これらは大人だけに限られたレースではありません。靴ひもを縛り、一緒に走りましょう。

子どもたちは限界のないエネルギーを持っているように思えますが、レースではエネルギーを使うには最高の場所です。
レースにでることは、子どもたちに健康になることを教えるだけでなく、達成感を味わさせることもできるでしょう。

Pagetop