ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

フィット・ティップ
#45:「ウェアラブル・デバイスについて」
#44:「HIITの背景について」
#43:「熱中症を予防しましょう」
#42:「年明けに立てた目標は」
#41:「睡眠とパフォーマンスの関係」
#40:「毎日の選択」
#39:「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」
#38:「できることから変えてみる」
#37:「運動へのモチベーション」
#36:「色のついたものに変える」
#35:「目標達成するためのモチベーション」
#34:「真夜中のワークアウトの利点」
#33:「子どもにスポーツを教えよう!」
#32:「掃除をしながら運動しよう!」
#31:「トレーニングプログラムの重要性」
#30:「自転車通勤をしよう!」
#29:「シンスプリント」
#28:「ランチタイムの過ごし方」
#27:「大腿の重要性」
#26:「エクササイズで脳を鍛えよう!」
#25:「言い訳をしない」
#24:「柔軟性の重要性」
#23:「オーガニック食品を選ぶ」
#21:「部分的な筋肉とファンクショナルフィットネス」
#20:「Calories in vs. Calories out」
#19:「メディシンボールエクササイズ!」
#18:「屋外でトレーニングしよう!」
#17:「プロのようにプランクをしよう!」
#16:「Try Ruck March」
#15:「オリンピアンのように」
#14:「おすすめ、2つのエクササイズ」
#13:「遊びではない、テレビゲームの秘密」
#12:「シャベルを使って、雪かきをしよう!」
#11:「目標を逆算して考えよう!」
#10:「フィットネスジムの選び方」
#09:「インターバルトレーニングでホリデーカロリーを消費しよう!」
#08:「計画、ポジティブ・シンキング、継続!」
#07:「モーニング・ワークアウトしよう!」
#06:「仕事でも自分の身体をコントロールしよう!」
#05:「あなた自身の理想にコミットメントしよう!」
#04:「パーソナル・ベストを作る!」
#03:「快適なランニングのための3ステップ」
#02:「シッティング症候群」
#01:「バケーション・マインドセット」
トレーナーズ・ティップ
#01:『新たな有酸素性トレーニングの考え方』

【フィット・ティップ#31】「トレーニングプログラムの重要性」

エクササイズを継続していくと壁に当たります:
回数を増やすことはゴール達成の近道。しかし、回数を増やせば退屈さが増す。

この二つの問題をエクササイズを継続するうえでどう解決しますか?

その答えは「どのくらいの頻度でエクササイズを変えるか?」という事になります。

1.「変える」とは?
2.「ゴール」は何か?

1.「変える」とは:基本的にスクワット好きの人は多いですが、これは全員が バーベルスクワットをすべきである、ということではありません。
スクワットは人の動作の基本ですが、オプティマル・ヘルスを追求する人は スクワットを行うべきでしょう。基本的な動きを行いながら 定期的に異なる種目を変えることはとても大事なことです。

2.「ゴール」は何か:ストレングスと筋力UPを望む人はある程度 今やっていることを継続する必要があります。そして最初の数週間は神経系の発達が 行われます。

あなたは毎回新しい負荷をかけて、それぞれのエクササイズで多くのエネルギーを消費するのが 分かります。プラトーになった時には筋力UPの正しい線路上にいます。
もしこのポイントでエクササイズを変更してしまうと、神経系の発達ステージを 最初からやり直す必要が出てきます。

一般的なフィットネスのゴールで、今までの日課をコツコツやる必要は ありません。
「どのくらいの頻度でトレーニング・プログラムを変える必要があるか?」 という事が大事になってきます。

個々にトレーニング・プログラムは異なり、4-12週間のものを考えましょう。 もし毎4週間でプログラムを変えるのであれば、今までの動作がさらに先例された 動きになるでしょう。これらは一般的なフィットネス・ゴールに当てはまります。 「ハード」なトレーニングはプログラムに常に組み込まれている必要がありますし、 継続する必要があります。

もう一つのポイントとして、小さい変化:エクササイズの順番、リフティング・スピード、回数、 休憩時間などは新しい刺激として変化させてみましょう。

結論:効果的なプログラムができたら、そのプログラムを継続させて、身体が 順応して、その後新しい刺激を加えましょう。 多くの人がエクササイズの細部を気にしすぎますが、もし身体を変えたいのであれば、 身体は新しい刺激が必要になります。

その挑戦は斬新的な負荷を加える必要があり、同じことを継続させることではありません。

Pagetop