ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

フィット・ティップ
#45:「ウェアラブル・デバイスについて」
#44:「HIITの背景について」
#43:「熱中症を予防しましょう」
#42:「年明けに立てた目標は」
#41:「睡眠とパフォーマンスの関係」
#40:「毎日の選択」
#39:「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」
#38:「できることから変えてみる」
#37:「運動へのモチベーション」
#36:「色のついたものに変える」
#35:「目標達成するためのモチベーション」
#34:「真夜中のワークアウトの利点」
#33:「子どもにスポーツを教えよう!」
#32:「掃除をしながら運動しよう!」
#31:「トレーニングプログラムの重要性」
#30:「自転車通勤をしよう!」
#29:「シンスプリント」
#28:「ランチタイムの過ごし方」
#27:「大腿の重要性」
#26:「エクササイズで脳を鍛えよう!」
#25:「言い訳をしない」
#24:「柔軟性の重要性」
#23:「オーガニック食品を選ぶ」
#21:「部分的な筋肉とファンクショナルフィットネス」
#20:「Calories in vs. Calories out」
#19:「メディシンボールエクササイズ!」
#18:「屋外でトレーニングしよう!」
#17:「プロのようにプランクをしよう!」
#16:「Try Ruck March」
#15:「オリンピアンのように」
#14:「おすすめ、2つのエクササイズ」
#13:「遊びではない、テレビゲームの秘密」
#12:「シャベルを使って、雪かきをしよう!」
#11:「目標を逆算して考えよう!」
#10:「フィットネスジムの選び方」
#09:「インターバルトレーニングでホリデーカロリーを消費しよう!」
#08:「計画、ポジティブ・シンキング、継続!」
#07:「モーニング・ワークアウトしよう!」
#06:「仕事でも自分の身体をコントロールしよう!」
#05:「あなた自身の理想にコミットメントしよう!」
#04:「パーソナル・ベストを作る!」
#03:「快適なランニングのための3ステップ」
#02:「シッティング症候群」
#01:「バケーション・マインドセット」
トレーナーズ・ティップ
#01:『新たな有酸素性トレーニングの考え方』

【フィット・ティップ#30】「自転車通勤をしよう!」

アメリカの統計によると、人口の約半分が職場の5マイル以内に住んでいるといわれています。

全米では約1%が自転車で通勤しています。
車での通勤は便利だが、自転車通勤によるメリットはそれ以上あります。
風を切っての自転車通勤を毎日の日課にしてみませんか?

エクササイズ
もし、ジムへ行く時間が問題であれば、通勤時間を使いましょう。体重によりますが、215-500カロリーを30分の自転車通勤で燃焼することができます。
215-500カロリーは運転をしても燃焼することは難しいです。
計算をすると年間で13ポンド(約5キロ)の脂肪を燃焼できるということになります。

経済的
自転車を買うだけですので、年間およそ3万円に対して車だと80万円くらいかかります。
もし30-40キロ往復するのであれば1日当たり1000円節約することができ、駐車場も節約することができます。そして、渋滞も避けることができます。

環境的
温暖化減少の約30%を交通に関わるエネルギーが使われていて、その多くが自動車と軽トラックによるものです。できる事なら交通手段を自転車に変えて、環境にも配慮した生活をしましょう。もし遠くに住んでいるなら、半分の距離まで自転車で通勤して、駐輪したりするのはどうでしょうか?

以上の観点から、自転車を使い、環境にもやさしい生活を送ってみませんか?

Pagetop