ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

【フィット・ティップ#29】「シンスプリント」

シンスプリントになったことがあるなら、体験したことはあるかと思いますが「ゾッ」とするような痛みです。

下腿部が異常な方向へ曲がり折れるような感覚の痛みは パフォーマンスに影響を与えるだけでなく、ジョギングなどのワークアウトを遠ざけてしまいます。
ランニング日和が続くこの季節では痛みが、私たちのランニングの日華を変える前に痛みを止めるにはどうしたらいいでしょうか?
多くの要素が痛みになりますが、最も可能性の高い原因とそのレベルを決める要因は何でしょうか?
それらの原因はいくつか考えられます。

・運動量の急激な増加
・平らでない、そして硬い地面の上でのランニング
・古いシューズ
・足の柔軟性の低下
・足の筋肉の弱化

言い換えると、もし、しばらく運動しておらず、5年前の靴を履き、ストレッチなしでコンクリートの上を走ると、きっと高い確率で怪我をするでしょう。
しかし、怪我の原因をいくつが考えられますので痛みが出る前に予防法を復習しましょう。

・ストレッチ:小学やトレーニングジム行った3秒ほどの「ストレッチもどき」でなく、20秒(できれば30秒)のスタティックストレッチを行い、ふきらはぎにフォーカスしましょう。

・新しいシューズ:1年以上新しい靴を購入していないのであれば、そろそろ新しい靴を用意する時期かもしれません。オンラインで靴は買わないで、足に適したものが分からないなら 専門店へ行き、自分に適したシューズを購入しましょう。

・徐々に負荷を上げる:毎日のカーディオの負荷が高くとも、いきなりマラソンを行うのは控えましょう。

もし過去に数か月マラソンをやっていないくとも、安定して走れるレベルになるまで、徐々に負荷を上げていきましょう。

・適したランニング、サーフェスを探す:コンクリートは怪我を発生を高めます。もしできる事なら、アウトドア・トラックやランニング・トレイル、芝や砂浜、砂利道を探しましょう。 もしジムのなかなら、ショック吸収システムのあるトレッドミルを探しましょう。(ライフ・フィットネス社のトレッドミルには搭載)

・下半身とコアの筋肉を作る:下半身の前面が強いのであれば、シンスプリントには負けず、アスレティック・アクティビティを大きくサポートします。コアは足への負担を軽減してくれます。

シンスプリントの結果、疲労骨折や緊急事態であるコンパートメント症候群に発展する可能性もあります。
もし、シンスプリントならアドバイスに従って、このランニングシーズンを過ごしましょう。

Pagetop