ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

フィット・ティップ
#45:「ウェアラブル・デバイスについて」
#44:「HIITの背景について」
#43:「熱中症を予防しましょう」
#42:「年明けに立てた目標は」
#41:「睡眠とパフォーマンスの関係」
#40:「毎日の選択」
#39:「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」
#38:「できることから変えてみる」
#37:「運動へのモチベーション」
#36:「色のついたものに変える」
#35:「目標達成するためのモチベーション」
#34:「真夜中のワークアウトの利点」
#33:「子どもにスポーツを教えよう!」
#32:「掃除をしながら運動しよう!」
#31:「トレーニングプログラムの重要性」
#30:「自転車通勤をしよう!」
#29:「シンスプリント」
#28:「ランチタイムの過ごし方」
#27:「大腿の重要性」
#26:「エクササイズで脳を鍛えよう!」
#25:「言い訳をしない」
#24:「柔軟性の重要性」
#23:「オーガニック食品を選ぶ」
#21:「部分的な筋肉とファンクショナルフィットネス」
#20:「Calories in vs. Calories out」
#19:「メディシンボールエクササイズ!」
#18:「屋外でトレーニングしよう!」
#17:「プロのようにプランクをしよう!」
#16:「Try Ruck March」
#15:「オリンピアンのように」
#14:「おすすめ、2つのエクササイズ」
#13:「遊びではない、テレビゲームの秘密」
#12:「シャベルを使って、雪かきをしよう!」
#11:「目標を逆算して考えよう!」
#10:「フィットネスジムの選び方」
#09:「インターバルトレーニングでホリデーカロリーを消費しよう!」
#08:「計画、ポジティブ・シンキング、継続!」
#07:「モーニング・ワークアウトしよう!」
#06:「仕事でも自分の身体をコントロールしよう!」
#05:「あなた自身の理想にコミットメントしよう!」
#04:「パーソナル・ベストを作る!」
#03:「快適なランニングのための3ステップ」
#02:「シッティング症候群」
#01:「バケーション・マインドセット」
トレーナーズ・ティップ
#01:『新たな有酸素性トレーニングの考え方』

【フィット・ティップ#25】「言い訳をしない」

エクササイズをしない言い訳にはどんなものがありますか?
その正当化させた理由が私たちの考えを変えてしまっています。
その理由が本当に何なのか、あなたの「言い訳」を確認しましょう。

言い訳をしないためのヒントにはいくつかあります。

言い訳その1:「忙しくて、エクササイズをやる時間がない」
私たちは忙しい毎日を過ごしていますが、身体は一つでその身体を ケアする必要があります。
自問自答してみましょう:何時間テレビを観ているだろうか?
もし30分間あるのなら、30分間汗をかく時間があります。
もし30分間連続して時間がとれなのであれば10分を3セット行いましょう。

燃焼するカロリーは時間に関係なく、燃焼されます。
家族の問題や大きな仕事のプレゼンテーションがない限りは10分のエクササイズは確保できるでしょう。「忙しい」を言い訳にして、エクササイズをしないのは最後にしましょう!

是非、次にいつ運動できるのか、その機会を探しましょう。

言い訳その2:「エクササイズはつまらない」
面白くないことを継続する人は誰一人いません。多くのカロリーを燃焼するエクササイズはあなたが最も好きなエクササイズです。あなたが走ることが好きなら、ランニングが最も適したエクササイズかもしれません。

一番楽しめることを探しましょう。ダンス、自転車、友人と歩く、フィットネスDVDを使うなど様々な方法があります。
好むものがあれば、それを継続しましょう。それが最も多くのカロリーを消費することができます。

言い訳その3:「ジムで運動するには太りすぎている」
多くの人はジムでエクササイズのレベルや身体のタイプを見られることを気にしています。
しかし、あなたも様々な身体の形をした人、年齢、フィットネスレベルの人をジムで見かけます。
多くのジムは自分自身の身体に興味を持っていて、ほかの人には興味がありません。
もしジムへの入会をまだ考えているなら、そこには多くのオプションがあります。お隣さんと歩いたり、子どもと自転車に乗り公園を走ったり、自分だけのスペースで運動したり。

いくつかの器具、もしくはDVDがあれば、優れたワークアウトができるでしょう。

Pagetop