ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

【フィット・ティップ#24】「柔軟性の重要性」

柔軟性:なぜ柔軟運動をしないとワークアウトをスキップすることになるのか?

私たちはストレッチは気持ちよいという事は知っています。しかし、柔軟運動はなぜ大事なのでしょうか?

フィットネスでは3つの大事な要素があります:
カーディオ(有酸素)トレーニング、ストレングス・トレーニング、柔軟運動。
多くの人は有酸素トレーニングやストレングス・トレーニングが重要なことを知っていますが、ごく少数しか柔軟性がワークアウトにどう影響するのか知りません。

もし、朝疲れを感じたり、前屈した時につま先をタッチ出来なのであれば あなたは「ストレッチが必要だ」とか「身体が硬い」というでしょう。

しかし柔軟体操はストレッチだけではありません。柔軟運動は動作を簡単に行うことができ、身体の可動域を向上させてくれます。
制限なしに可動域内で曲げたり、伸ばしたりすることができます。

柔軟運動は2つの要素に分かれます。
1.筋肉や軟部組織(靭帯、腱、筋膜)等の組織を伸ばす
2.弱化した筋肉を強化

なぜ柔軟運動が必要なのか?
柔軟運動は理想的な動き、筋バランスやストレングスを維持するのに大切な要素です。よりスムーズに動作ができれば、バランス、協調性がさらに向上します。
そして柔軟性は怪我予防に繋がります。硬い筋肉は関節の動きを制限し、自然に動けるパターンを阻害します。
もし柔軟性評価で十分に可動域がない場合、柔軟性をチェックする簡単な動きのパターンをを紹介します。

1.ウエストから曲げて、地面をタッチする 柔軟運動が必要:膝を曲げずにフロアをタッチすることができない

怪我の可能性:前屈する時に膝を曲げないとできない。3センチ以上フロアから離れている。

2.頭をサイドへ倒す
柔軟運動が必要:両方向へ90度首を捻じることができない。(あごを肩に載せる載せることができない)
正常:サイドに頭を倒すことができる。(顎が肩に乗る)
怪我の可能性:頭を片側に倒すことに左右差がある。もしくは両側90度に捻じることができない

3.サイドベンドして指が膝の外側をスライドさせる
柔軟運動が必要:サイドに側屈ができない、両サイドへ膝まで曲げることができない。
正常:両サイド膝まで曲げることができる。
怪我の可能性:両サイド曲げることができるが、左右差がある。(もしくは片方が膝まで届かない)

これら3つのシンプルなテストは首の痛み、腰痛、怪我に繋がる股関節の痛みの防止になります。そのために是非、柔軟運動をあなたのトレーニングにプログラムしましょう!

Pagetop