ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

フィット・ティップ
#45:「ウェアラブル・デバイスについて」
#44:「HIITの背景について」
#43:「熱中症を予防しましょう」
#42:「年明けに立てた目標は」
#41:「睡眠とパフォーマンスの関係」
#40:「毎日の選択」
#39:「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」
#38:「できることから変えてみる」
#37:「運動へのモチベーション」
#36:「色のついたものに変える」
#35:「目標達成するためのモチベーション」
#34:「真夜中のワークアウトの利点」
#33:「子どもにスポーツを教えよう!」
#32:「掃除をしながら運動しよう!」
#31:「トレーニングプログラムの重要性」
#30:「自転車通勤をしよう!」
#29:「シンスプリント」
#28:「ランチタイムの過ごし方」
#27:「大腿の重要性」
#26:「エクササイズで脳を鍛えよう!」
#25:「言い訳をしない」
#24:「柔軟性の重要性」
#23:「オーガニック食品を選ぶ」
#21:「部分的な筋肉とファンクショナルフィットネス」
#20:「Calories in vs. Calories out」
#19:「メディシンボールエクササイズ!」
#18:「屋外でトレーニングしよう!」
#17:「プロのようにプランクをしよう!」
#16:「Try Ruck March」
#15:「オリンピアンのように」
#14:「おすすめ、2つのエクササイズ」
#13:「遊びではない、テレビゲームの秘密」
#12:「シャベルを使って、雪かきをしよう!」
#11:「目標を逆算して考えよう!」
#10:「フィットネスジムの選び方」
#09:「インターバルトレーニングでホリデーカロリーを消費しよう!」
#08:「計画、ポジティブ・シンキング、継続!」
#07:「モーニング・ワークアウトしよう!」
#06:「仕事でも自分の身体をコントロールしよう!」
#05:「あなた自身の理想にコミットメントしよう!」
#04:「パーソナル・ベストを作る!」
#03:「快適なランニングのための3ステップ」
#02:「シッティング症候群」
#01:「バケーション・マインドセット」
トレーナーズ・ティップ
#01:『新たな有酸素性トレーニングの考え方』

【フィット・ティップ#20】「Calories in vs. Calories out」

身体をスリムにするために細かくカロリー計算していますか?
私たちは制限することは苦手ですが、150カロリーのブラウニーは150カロリーのブロッコリーとは異なります。
しかし、減量の基本である“Calories in vs. calories out”とはどうゆうことでしょうか?

素材は何であれ、すべてが私たちの身体に同じように作用するわけではありませんが、同じカロリーに変わりありません。

何を食べたらよいのかをご紹介します。
食物繊維、フルーツ、野菜、豆類、無精製穀物は多めに摂取したい栄養素の一つです。
食物繊維はたくさんの咀嚼が必要で、満腹のサインが脳に送られて過食を防ぐことができます。
食物繊維は消火に時間がかかり、全粒のトーストのカロリーはアイスクリームのカロリーよりも長く身体に停滞します。 結果として、長い間満足感が得られます。

身体に良い脂質を摂取しましょう。
健康的な脂質はオリーブオイル、キャノーラ油、アボカド、ナッツ、種類は決して低カロリーではありませんが適切な量を摂取することで満足感を得られやすく、過食を防ぐことができます。
飽和脂肪とトランス脂肪はコレステロール値を向上させ、不飽和脂肪酸は筋肉の回復と髪の毛、皮膚の質を向上させて何よりも心臓に優しいです。

100カロリーのスナックはアボカドの半分くらい効果があるのか?
それはありません・・。

タンパク質を確保しよう。
タンパク質は身体を構築する栄養素です。カロリー燃焼、代謝するだけでなく、カロリーが詰まった炭水化物を食べるよりも 長く満足感を与えてくれます。
加えてタンパク質は筋肉に栄養を与えて、筋肉量が多ければ多いほど新陳代謝が向上します。

高品質のタンパク質を無精製穀物、ナッツ、マメ科、動物由来の低脂肪乳製品、鶏肉、卵、脂肪の少ない肉などから摂取しましょう

Pagetop