ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

【フィット・ティップ#19】「メディシンボールエクセサイズ!」

メディシンボールでは運動の幅が格段に広がります

トス、バウンド、リフト、投げるなど多種多様です。過去にもメディシンボールは実質アスリート、ストレングスコーチだけに使われていましたが、現在では多くのフィットネスクラブ、ワークアウトクラス、スポーツ用品店で観ることができます。

今週のフィット・ティップではメディシンボールの使い方について述べたいと思います

「ファンクション(機能性)」
メディシンボール・ワークアウトは筋力強化、持久力UP、安定性の強化を目的に使われます。
ウェイトマシーンとは違い、固定された単一の動きではなく、スウィング、 スローイング、ローテーションなどの動きは日常生活で行われる動作の準備や怪我の防止に効果が期待できます。メディシンボールの動きは爆発的な動きを伴うので、どんなタイプのスポーツでもパワーを向上させることができます

「サイズ」
メディシンボールは2-30ポンド(約900g-13.6kg)の重さがあり、ワークアウトの種類によって使うボールを変えていきます。4-10ポンド(約1.8kg-4.5kg)はトス・エクササイズ用に8-15ポンド(約3.6kg-6.8kg)は腹部などのコア・ワークアウトとして、そして15-30ポンド(約6.8kg-13.6kg)はハムストリングスや大腿四頭筋のを強化として使います。

「シグニチャー・ムーブ」
可能性は無限大ですが、今日のワークアウトに1つだけメディシンボールのトレーニングを加えたいのであれば、オーバーヘッド・スラムは絶対行うべきエクササイズでしょう。
肩幅に足を開き、膝を軽く曲げます。頭上に上げたボールを地面に叩き付けます。
30秒間ハイスピードで続けましょう。10秒休みその後2セット行います。
この動きは全身運動だけでなく、良いカーディオトレーニングになり心拍数も向上させてくれます。

さて、メディシンボールを探して今日から始めましょう!

Pagetop