ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

フィット・ティップ
#45:「ウェアラブル・デバイスについて」
#44:「HIITの背景について」
#43:「熱中症を予防しましょう」
#42:「年明けに立てた目標は」
#41:「睡眠とパフォーマンスの関係」
#40:「毎日の選択」
#39:「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」
#38:「できることから変えてみる」
#37:「運動へのモチベーション」
#36:「色のついたものに変える」
#35:「目標達成するためのモチベーション」
#34:「真夜中のワークアウトの利点」
#33:「子どもにスポーツを教えよう!」
#32:「掃除をしながら運動しよう!」
#31:「トレーニングプログラムの重要性」
#30:「自転車通勤をしよう!」
#29:「シンスプリント」
#28:「ランチタイムの過ごし方」
#27:「大腿の重要性」
#26:「エクササイズで脳を鍛えよう!」
#25:「言い訳をしない」
#24:「柔軟性の重要性」
#23:「オーガニック食品を選ぶ」
#21:「部分的な筋肉とファンクショナルフィットネス」
#20:「Calories in vs. Calories out」
#19:「メディシンボールエクササイズ!」
#18:「屋外でトレーニングしよう!」
#17:「プロのようにプランクをしよう!」
#16:「Try Ruck March」
#15:「オリンピアンのように」
#14:「おすすめ、2つのエクササイズ」
#13:「遊びではない、テレビゲームの秘密」
#12:「シャベルを使って、雪かきをしよう!」
#11:「目標を逆算して考えよう!」
#10:「フィットネスジムの選び方」
#09:「インターバルトレーニングでホリデーカロリーを消費しよう!」
#08:「計画、ポジティブ・シンキング、継続!」
#07:「モーニング・ワークアウトしよう!」
#06:「仕事でも自分の身体をコントロールしよう!」
#05:「あなた自身の理想にコミットメントしよう!」
#04:「パーソナル・ベストを作る!」
#03:「快適なランニングのための3ステップ」
#02:「シッティング症候群」
#01:「バケーション・マインドセット」
トレーナーズ・ティップ
#01:『新たな有酸素性トレーニングの考え方』

【フィット・ティップ#18】「屋外でトレーニングしよう!」

ブートキャンプスタイルのクラスやベーシックなワークアウトが流行するにつれて、自重を使ったトレーニングはジムの屋外でも人気が出てきています。

自重エクササイズは脂肪燃焼、身体づくり、心肺機能促進、安定感UPなどの効果を器具なしでトレーニングができて目的達成ができます。
家のリビングルームやオフィスや屋外でも行うことができます。

今日は簡単な自重エクササイズのヒントについてご紹介していきます

1.「複合の運動という認識をする」
身体づくりのようなエクササイズは一つの動きで多くの関節や筋肉を使います。
全身運動をするためには、プッシュアップ、ランジ、スクワット、ディップやプランクなどを行いましょう。

2.「片側のエクササイズを利用する」
両手、両足を使った運動に慣れたら、片手、片足のトレーニングをすることでバランス、強度を向上させることができます。
シングルレッグ・スクワット、ワンハンド・プッシュアップ、シングルレッグ・ジャンプに調整しましょう

3.「2倍の運動する」
自重エクササイズはストレングストレーニングの動きのための心肺機能向上にとても優れています。バイセプス・カールの後に休憩をする代わりに、1分間のスクワットジャンプ、バービージャンプ、ジャンッピング・ジャックをすることで心肺機能を向上させたりすることができます。
ストレングスを強化でき、大量の汗もかけるでしょう。

4.「オリジナル・エクササイズを作成する」
フィットネス器具が少ないことは自重エクササイズでは簡単に問題解決できます。
例えば、フィットネスマットをロングジャンプするとか、公園のベンチでのプッシュアップ、椅子を使ってのトライセプス、一曲分の間プランクをするなど、一日の間でクリエイティブにエクササイズをしましょう!

Pagetop