ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

フィット・ティップ
#45:「ウェアラブル・デバイスについて」
#44:「HIITの背景について」
#43:「熱中症を予防しましょう」
#42:「年明けに立てた目標は」
#41:「睡眠とパフォーマンスの関係」
#40:「毎日の選択」
#39:「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」
#38:「できることから変えてみる」
#37:「運動へのモチベーション」
#36:「色のついたものに変える」
#35:「目標達成するためのモチベーション」
#34:「真夜中のワークアウトの利点」
#33:「子どもにスポーツを教えよう!」
#32:「掃除をしながら運動しよう!」
#31:「トレーニングプログラムの重要性」
#30:「自転車通勤をしよう!」
#29:「シンスプリント」
#28:「ランチタイムの過ごし方」
#27:「大腿の重要性」
#26:「エクササイズで脳を鍛えよう!」
#25:「言い訳をしない」
#24:「柔軟性の重要性」
#23:「オーガニック食品を選ぶ」
#21:「部分的な筋肉とファンクショナルフィットネス」
#20:「Calories in vs. Calories out」
#19:「メディシンボールエクササイズ!」
#18:「屋外でトレーニングしよう!」
#17:「プロのようにプランクをしよう!」
#16:「Try Ruck March」
#15:「オリンピアンのように」
#14:「おすすめ、2つのエクササイズ」
#13:「遊びではない、テレビゲームの秘密」
#12:「シャベルを使って、雪かきをしよう!」
#11:「目標を逆算して考えよう!」
#10:「フィットネスジムの選び方」
#09:「インターバルトレーニングでホリデーカロリーを消費しよう!」
#08:「計画、ポジティブ・シンキング、継続!」
#07:「モーニング・ワークアウトしよう!」
#06:「仕事でも自分の身体をコントロールしよう!」
#05:「あなた自身の理想にコミットメントしよう!」
#04:「パーソナル・ベストを作る!」
#03:「快適なランニングのための3ステップ」
#02:「シッティング症候群」
#01:「バケーション・マインドセット」
トレーナーズ・ティップ
#01:『新たな有酸素性トレーニングの考え方』

【フィット・ティップ#15】「オリンピアンのように」

夢を目指して、練習して、我慢しなさい。多種多様な食べ物を食べて、たくさん運動して健康的なライフスタイルを維持しなさい
〜サーシャ・コーヘン,2006年オリンピック銀メダリスト〜

皆、オリンピックが大好きです。感動的な瞬間、心を動かされる ストーリー。そして恐れの知らずの努力を怠らないアスリート。
もしオリンピックを目指すようなアスリートでなくても、オリンピックのヒーローから学ぶことは多くあります。

1.鍛錬の心を育てよう
驚くことはありませんがオリンピアンは必ず耐える力が備わっています。
計画的で、ハードなトレーニングでゴールと達成を手にします。
ゴールをクリアにして、それを視覚化して、そのために容赦なく練習しましょう。

一生懸命に練習したアスリートすべてが金メダルになるとは限りませんが、その勤勉さを持つことでポテンシャルが最大限に発揮されます。
明確なゴールと期間、チェックポイントを決めて、すべきことを視覚化して、行動しましょう
毎回のワークアウトがベストになるわけではありません。毎日何かをして少しでも目標に近づきましょう。そしてハードな練習を積み重ねましょう

2.チャンピオンのように計画しましょう
気力のない、休憩の長い、ゴールのはっきりしない練習は辞めましょう。
メダルを取りに行けるような週間のワークアウトを計画して、心肺機能、筋肉トレーニング、そしてインターバルトレーニングを行いましょう。
そして自分の中を快適ゾーンから抜け出す勇気をもって。
変化することはチャレンジすることですが、挑戦することで成功を引き寄せます。

3.オリンピアンのように栄養を補給しよう
食べるもの、飲むものがトレーニング効果を最大限に発揮します。
多くの水分を摂取して、水分を多く含んだフルーツと野菜をたくさん食べ大会前に炭水化物を取り、回復するためにタンパク質と炭水化物を食べましょう。

朝食は食べ、身体のエネルギータンクの中のエネルギーを使ってワークアウトしましょう。ワークアウト後のプロテインシェイクで筋肉を作り、乳製品、肉類、卵、ナッツ、種類をたくさん摂り、フィールド外でもアスリートのように、身体の内側からもアスリートになりましょう。

Pagetop