ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

フィット・ティップ
#45:「ウェアラブル・デバイスについて」
#44:「HIITの背景について」
#43:「熱中症を予防しましょう」
#42:「年明けに立てた目標は」
#41:「睡眠とパフォーマンスの関係」
#40:「毎日の選択」
#39:「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」
#38:「できることから変えてみる」
#37:「運動へのモチベーション」
#36:「色のついたものに変える」
#35:「目標達成するためのモチベーション」
#34:「真夜中のワークアウトの利点」
#33:「子どもにスポーツを教えよう!」
#32:「掃除をしながら運動しよう!」
#31:「トレーニングプログラムの重要性」
#30:「自転車通勤をしよう!」
#29:「シンスプリント」
#28:「ランチタイムの過ごし方」
#27:「大腿の重要性」
#26:「エクササイズで脳を鍛えよう!」
#25:「言い訳をしない」
#24:「柔軟性の重要性」
#23:「オーガニック食品を選ぶ」
#21:「部分的な筋肉とファンクショナルフィットネス」
#20:「Calories in vs. Calories out」
#19:「メディシンボールエクササイズ!」
#18:「屋外でトレーニングしよう!」
#17:「プロのようにプランクをしよう!」
#16:「Try Ruck March」
#15:「オリンピアンのように」
#14:「おすすめ、2つのエクササイズ」
#13:「遊びではない、テレビゲームの秘密」
#12:「シャベルを使って、雪かきをしよう!」
#11:「目標を逆算して考えよう!」
#10:「フィットネスジムの選び方」
#09:「インターバルトレーニングでホリデーカロリーを消費しよう!」
#08:「計画、ポジティブ・シンキング、継続!」
#07:「モーニング・ワークアウトしよう!」
#06:「仕事でも自分の身体をコントロールしよう!」
#05:「あなた自身の理想にコミットメントしよう!」
#04:「パーソナル・ベストを作る!」
#03:「快適なランニングのための3ステップ」
#02:「シッティング症候群」
#01:「バケーション・マインドセット」
トレーナーズ・ティップ
#01:『新たな有酸素性トレーニングの考え方』

【フィット・ティップ#10】「フィットネスジムの選び方」

もうすぐニューイヤーです。
フィットネス・ジムに多くの人が通い始める時期です。

ジムを選ぶときには人それぞれに適した場所があります。それぞれ天秤にかけてみましょう。
「場所的に正しい場所なのかどうか?」「ゴールは設定されているかどうか?」
「正しいジムを探すとき、人生のパートナーを探すのと同じアプローチで探しているかどうか?」
ジムの選択は健康のパートナーと考えましょう。

1.同じ価値があるか?
自分にとって最も価値のあるものは何か、ジムに求めるものは何かマッチさせましょう。
グループ・フィットネスのクラスがあるのか?サーキットトレーニングのマシン、フリーウェイとやヨガを練習するためのスタジオが必要などうか自分の希望に沿ったジムを見つけましょう。
泳ぐのが好きならばプールがある施設を探しましょう。あなたが選ぶジムは必要な施設がある場所を選ぶべきです。

2.一人行くか、家族でいくか?
もし子供が小さいなら、チャイルドケアがあるジムを探しましょう。サービスやコスト、営業時間を確認しましょう。もしくはお子さんはジムを使える年齢かもしれません。家族で使えるジム、家族割引が効くジムなどを探しましょう。いくつかのジムは、スパがあったり、子どものためのイベント やダイニング・カフェや家族特典があるかもしれません。

3.予算は?
自分が必要なアメニティーとその予算は?
初期費用と毎月の費用を考えて値段に何が含まれているのか確認しましょう。
パーソナル評価があったり、無制限のグループ・フィットネス参加が認められていたりします。
長期休暇の前のシーズンはディスカウントも必ず聞いてみましょう。無料のトライアル期間があるかどうかも確認しましょう。

4.場所は?
遠いところにある場合はあまり好ましくありません。移動の少ない場所が最も望ましい場所です。人間は簡単なことを継続します。もしジムが自宅や会社から近ければジムへ通う回数も多くなるでしょう。

5.パーソナルが必要ですか?
多くのジムはパーソナルトレーニングのサービスがあります。システムを確認しましょう。
資格を持ったトレーナーを探し、メンバーになる前に何のサービスがあるのか確認しましょう。

一度ジムをみつけたら健康のためのパートナーを想い、その関係を深めましょう。

少なくとも週3日は・・。

Pagetop