ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

フィット・ティップ
#45:「ウェアラブル・デバイスについて」
#44:「HIITの背景について」
#43:「熱中症を予防しましょう」
#42:「年明けに立てた目標は」
#41:「睡眠とパフォーマンスの関係」
#40:「毎日の選択」
#39:「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」
#38:「できることから変えてみる」
#37:「運動へのモチベーション」
#36:「色のついたものに変える」
#35:「目標達成するためのモチベーション」
#34:「真夜中のワークアウトの利点」
#33:「子どもにスポーツを教えよう!」
#32:「掃除をしながら運動しよう!」
#31:「トレーニングプログラムの重要性」
#30:「自転車通勤をしよう!」
#29:「シンスプリント」
#28:「ランチタイムの過ごし方」
#27:「大腿の重要性」
#26:「エクササイズで脳を鍛えよう!」
#25:「言い訳をしない」
#24:「柔軟性の重要性」
#23:「オーガニック食品を選ぶ」
#21:「部分的な筋肉とファンクショナルフィットネス」
#20:「Calories in vs. Calories out」
#19:「メディシンボールエクササイズ!」
#18:「屋外でトレーニングしよう!」
#17:「プロのようにプランクをしよう!」
#16:「Try Ruck March」
#15:「オリンピアンのように」
#14:「おすすめ、2つのエクササイズ」
#13:「遊びではない、テレビゲームの秘密」
#12:「シャベルを使って、雪かきをしよう!」
#11:「目標を逆算して考えよう!」
#10:「フィットネスジムの選び方」
#09:「インターバルトレーニングでホリデーカロリーを消費しよう!」
#08:「計画、ポジティブ・シンキング、継続!」
#07:「モーニング・ワークアウトしよう!」
#06:「仕事でも自分の身体をコントロールしよう!」
#05:「あなた自身の理想にコミットメントしよう!」
#04:「パーソナル・ベストを作る!」
#03:「快適なランニングのための3ステップ」
#02:「シッティング症候群」
#01:「バケーション・マインドセット」
トレーナーズ・ティップ
#01:『新たな有酸素性トレーニングの考え方』

【フィット・ティップ#06】「仕事でも自分の身体をコントロールしよう!」

もしワークアウトの時間を取ることが出来ない、そしてオフィスで一日中座っている時間が多ければ「ダブルで運動不足」という事になります。 座っている時間が長いのは健康にとって悪影響で、肥満、高血圧、糖尿病、がん、鬱の可能性を向上させます。少しの運動でも何もしないよりはマシです。 短時間でも手軽にできるエクササイズを紹介します。

デスクで動きましょう!
もしデスクワークをしなければいけないのであれば電話の時に立ち上がりましょう。出来る限りで脚を机の下でストレッチしましょう。
書類の印刷中にカフレイズや背伸びのしたり、Eメールの代わりに同僚と話をしたりするのもいいでしょう。

ウォーク・ミーティングをしましょう。もし相手(もしくは上司)が気にしないのであれば、歩きながらのミーティングは有意義なものになるでしょう。
外でのミーティングでクリエイティブな考えを生みましょう。

ランチ・タイムを使ってワークアウトしましょう。ジムに出向きランチ時間でランニングをしましょう。車やオフィスにフィットネス・ウェアを持ち込んで、 時間があるときにエクササイズをしましょう。ランチタイム・ワークアウトは午後の仕事に活力を与え、頭をすっきりさせることができるので上司に感謝されるかもしれません。

同僚を集めましょう。同僚とランチ時間を使ってのウォーキング、短時間で食事を済ませて、動く時間を増やしましょう。
諺にもありますが、座っているだけでは望むような臀部は手に入りません。フレッシュな空気を吸って、ランチ時間で階段を上るなどカロリーの消費をしましょう。

一日の間で動く時間を増やしましょう。クリエイティブに一日の間に動く時間を探して、オフィスから少し遠くに駐車して、余分に歩いたりエレベーターの代わりに階段を使ったり、イスの上でスクワットをしましょう。机を使ってプッシュアップもいいかもしれません。

仕事のせいで運動時間を削らずに、仕事でも自分の身体をコントロールしましょう。身体とメンタルにとって運動することで仕事にも良い影響を与えましょう

Pagetop