ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

フィット・ティップ
#45:「ウェアラブル・デバイスについて」
#44:「HIITの背景について」
#43:「熱中症を予防しましょう」
#42:「年明けに立てた目標は」
#41:「睡眠とパフォーマンスの関係」
#40:「毎日の選択」
#39:「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」
#38:「できることから変えてみる」
#37:「運動へのモチベーション」
#36:「色のついたものに変える」
#35:「目標達成するためのモチベーション」
#34:「真夜中のワークアウトの利点」
#33:「子どもにスポーツを教えよう!」
#32:「掃除をしながら運動しよう!」
#31:「トレーニングプログラムの重要性」
#30:「自転車通勤をしよう!」
#29:「シンスプリント」
#28:「ランチタイムの過ごし方」
#27:「大腿の重要性」
#26:「エクササイズで脳を鍛えよう!」
#25:「言い訳をしない」
#24:「柔軟性の重要性」
#23:「オーガニック食品を選ぶ」
#21:「部分的な筋肉とファンクショナルフィットネス」
#20:「Calories in vs. Calories out」
#19:「メディシンボールエクササイズ!」
#18:「屋外でトレーニングしよう!」
#17:「プロのようにプランクをしよう!」
#16:「Try Ruck March」
#15:「オリンピアンのように」
#14:「おすすめ、2つのエクササイズ」
#13:「遊びではない、テレビゲームの秘密」
#12:「シャベルを使って、雪かきをしよう!」
#11:「目標を逆算して考えよう!」
#10:「フィットネスジムの選び方」
#09:「インターバルトレーニングでホリデーカロリーを消費しよう!」
#08:「計画、ポジティブ・シンキング、継続!」
#07:「モーニング・ワークアウトしよう!」
#06:「仕事でも自分の身体をコントロールしよう!」
#05:「あなた自身の理想にコミットメントしよう!」
#04:「パーソナル・ベストを作る!」
#03:「快適なランニングのための3ステップ」
#02:「シッティング症候群」
#01:「バケーション・マインドセット」
トレーナーズ・ティップ
#01:『新たな有酸素性トレーニングの考え方』

【フィット・ティップ#04】「パーソナル・ベストを作る!」

5キロ、10キロやハーフマラソンのトレーニングをしているなら、最大のライバルに勝ちたいと思っていませんか?

そしてその「最大のライバル」は自分自身の事ではありませんか?

周りのメンバーはあなたのモチベーションを向上させてくれますが、自分自身のベストタイムを上回る事は決して簡単なことではありません。

タイムを向上させるため、自己ベストを上回るために今日のフィットティップ(FitTip)を参考にしてください

「スピードやインターバルとレーニングをしよう」

高負荷と短時間スプリントをあなたのトレーニング追加してみてください。あなたは早く、そして長く走れるようになるでしょう。
もしアウトドアで走るなら、15秒でもスプリントができる場所を選んでみましょう。

英語のことわざにもある通り、「早く走るコツは早く走ること」です

もしあなたが特別なランニングのプランで走っているのなら、MapMyRun.comでフィットネスレベルに基づいた、ランニングプランを選択ください。
https://www.mapmyrun.com/(英語)

(インターバルのアプリをお探しなら・・・https://itunes.apple.com/us/app/tabata-pro-tabata-timer/id346432063?mt=8

クロストレイン
運動をしない日はクロストレーニングをしましょう。プライオメトリックは心肺機能と筋肥大の強化になるでしょう。クロスフィットで全身のトレーニングをすることができます。(エリプティカル、エクササイズバイク、グループエクササイズ、サーキットマシンなど)

ラン・ヒル
もしベストタイムで走りたいのなら、坂のランニングに挑戦してみましょう。
トレッドミルや平地でのランニングだけで山に挑戦するのは避けましょう。しかし、坂や徐々に傾斜のある丘などを探してみましょう。丘を走ることで、強く、早くなり、足が高く上がり、筋肉やパワーの向上が期待できます。坂のトレーニングは有酸素と脚のストレングスの強化に繋がります

一定で行う
ベストなタイムで走りたいなら、一定で走ってみましょう。一般的なランニングのスケジュールで走っているなら、あなたのフィットネスレベルは変わるでしょう。もしランニングをしばらくしていないならあなたのレベルも低下していきます。元のレベルに戻るためにまたトレーニングをすることになります。
今現在、良いコンディションで走れているなら是非継続してみましょう!

これらを続けていけば、あなたはパーソナル・ベストを作れるでしょう!!

Pagetop