ライフ・フィットネス・オンラインショップ

ライフ・フィットネス ブランドサイト

  • ライフ・フィットネス Youtube
  • ライフ・フィットネス twitter
  • ライフ・フィットネス Instagram

お電話でのご注文(通話無料)0120-400-810

フィット・ティップ

フィット・ティップ
#45:「ウェアラブル・デバイスについて」
#44:「HIITの背景について」
#43:「熱中症を予防しましょう」
#42:「年明けに立てた目標は」
#41:「睡眠とパフォーマンスの関係」
#40:「毎日の選択」
#39:「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」
#38:「できることから変えてみる」
#37:「運動へのモチベーション」
#36:「色のついたものに変える」
#35:「目標達成するためのモチベーション」
#34:「真夜中のワークアウトの利点」
#33:「子どもにスポーツを教えよう!」
#32:「掃除をしながら運動しよう!」
#31:「トレーニングプログラムの重要性」
#30:「自転車通勤をしよう!」
#29:「シンスプリント」
#28:「ランチタイムの過ごし方」
#27:「大腿の重要性」
#26:「エクササイズで脳を鍛えよう!」
#25:「言い訳をしない」
#24:「柔軟性の重要性」
#23:「オーガニック食品を選ぶ」
#21:「部分的な筋肉とファンクショナルフィットネス」
#20:「Calories in vs. Calories out」
#19:「メディシンボールエクササイズ!」
#18:「屋外でトレーニングしよう!」
#17:「プロのようにプランクをしよう!」
#16:「Try Ruck March」
#15:「オリンピアンのように」
#14:「おすすめ、2つのエクササイズ」
#13:「遊びではない、テレビゲームの秘密」
#12:「シャベルを使って、雪かきをしよう!」
#11:「目標を逆算して考えよう!」
#10:「フィットネスジムの選び方」
#09:「インターバルトレーニングでホリデーカロリーを消費しよう!」
#08:「計画、ポジティブ・シンキング、継続!」
#07:「モーニング・ワークアウトしよう!」
#06:「仕事でも自分の身体をコントロールしよう!」
#05:「あなた自身の理想にコミットメントしよう!」
#04:「パーソナル・ベストを作る!」
#03:「快適なランニングのための3ステップ」
#02:「シッティング症候群」
#01:「バケーション・マインドセット」
トレーナーズ・ティップ
#01:『新たな有酸素性トレーニングの考え方』

【フィット・ティップ#02】「シッティング症候群」

もしこの夏最後の旅行に行くのなら(出張かもしれませんが)、机に長時間座っていたり、長い移動時間だったりですが身体はリラックスしているようにみえますが、 実は長時間座っていることは「シッティング症候群」とも呼ばれ、身体の新陳代謝を低下させよってやがて悪い癖になっていきます。
長時間の同じ姿勢は肥満、高血圧、糖尿病、がん、憂鬱や不健康さを身体の隅々まで広げます。
それでは私たちは何ができるでしょうか?

「定期的に立ち上がりましょう」グローバルな研究によると平均私たちは7.7時間座っているます。そして15時間座っている人もいます。 自分の座っている時間を計算してみましょう。毎時間立ち上がりることで短縮することができます。パソコンの途中や電話をするときに立ち上がりましょう。

もし仕事中の時間を使うなら机の下でストレッチしましょう。カフレイズをしましょう。メールの代わりに同僚と歩きながら話しましょう。 ウォーキング・ミーティングなんていかがでしょうか? クリエイティブに考えて座っている時間を短くするような方法を見つけましょう。

「もっと多くのカロリーを燃焼しましょう」立っているのは座っているよりも多くのカロリーを消費してエネルギーを使い、身体を整えて姿勢を向上させます。 血流を促し、新陳代謝を向上させます。立っている状態は座っているよりも毎時間20-30カロリーを多く消費します。8時間で考えると座っている姿勢に比べると 200カロリーを多く消費します。

スタンドアップデスクを作りましょう。座っているだけでは理想のプロポーションは手に入らないという言葉があります。 立ち上がって仕事をできるようにスタンディング式のデスクを買うのもよいかもしれません。 座っているだけで身体の変化を感じるならオンラインで探してみてください。

定期的に運動している人でも座位の姿勢は短くしましょう。ジムでもシッティング症候群を補うことはできません。 運動の時間が座っている時間を上回ることはありません。そして研究では8時間座り続けた身体を運動で回復することはできません。

ポイントは動く時間を作りましょう。毎時間10分間立ち上がりましょう。そうすればあなの身体非常に喜ぶでしょう

Pagetop